「翔んで埼玉」藤原紀香がなぜ神戸市長役に?出演理由を整理した

女性がインタビューに応じる
※当サイトはプロモーションが含まれています

2023年11月23日に映画「翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~」が放映されます。

今回は「日本埼玉化計画・第二章 東西対決」ということで関西のキャラとディスバトルを繰り広げます。

そんななか、藤原紀香さんと片岡愛之助夫妻が、映画でも夫婦役を演じることに。

なんと共演するのは結婚後初めてとのことで話題になっています。

本記事では、藤原紀香さんに焦点をあて、神戸市長役に出演する理由について整理してまとめてみました

スポンサーリンク
目次

「翔んで埼玉」で藤原紀香が神戸市長役になぜ選ばれたか・出演した理由を整理

「翔んで埼玉」で藤原紀香さんが神戸市長役になぜ選ばれたか・出演した理由について、以下に整理してまとめてみました。

関西の新キャラ(役)と出身地が重なる俳優・女優を選んでいる

今回出演予定の関西の新キャラ(役)とそれを演じる俳優・女優さんの出身地を調べると、ほとんど重なっていることが分かります。

出演者/演じる役演じる役の属する府県出演者の出身地
杏/桔梗 魁 役滋賀県東京都
堀田真由/近江 美湖 役滋賀県同左
くっきー!(野性爆弾)/近江 晴樹 役滋賀県同左
高橋メアリージュン/滋賀のジャンヌダルク 役滋賀県同左
天童よしみ/和歌山解放戦線員 役和歌山県同左
山村紅葉/京都の女将 役京都府同左
モモコ(ハイヒール)/元大阪府知事 役大阪府同左
川﨑麻世/京都市長 役京都府同左
藤原紀香/神戸市長 役兵庫県同左
片岡愛之助/嘉祥寺 晃 役大阪府同左

「桔梗 魁」役の杏さん以外は、出身地が演じる役と一緒であることが調査した結果分かりました。

このように、今回演じる役の属する府県と出演者の出身地を合わせる方針のもと、出演者を決めていったことが分かります。

やまとくん

見ている側からすれば、出身地が一致している方が、出演者の本気度が伝わるような気がして面白いと思いますしね。

役を演じる出演者も情熱をもって取り組むことが出来るのではないでしょうか。

今回の作品は、

日本埼玉化計画・第二章・東西対決

がテーマとなっており、関西の郷土愛をめぐる戦いが見どころの一つとなっているはずです。

出身地が一致している方が、より郷土愛を示すことができると思いますね。

今回神戸市長を演じる藤原さんも出身が兵庫県であることから選ばれたと考えられます。

藤原紀香さん自身が中学校から大学まで過ごした神戸の市長を演じて見たかった

藤原紀香さんは、中学校から大学まで10年ほど神戸の街で過ごしています。

藤原紀香さんの略歴一部

1984年、西宮市立生瀬小学校卒業・親和中学校進学。

1989年、毎日放送が毎年公募していた 選抜高等学校野球大会の「セブンティーンレポーター」の一人に選ばれる。

1990年、親和女子高等学校→神戸親和女子大学文学部英米文学科に進学。

1991年、大学在学中に、第24回(1992年度)ミス日本コンテストに応募し優勝

引用元:藤原紀香Wikipedia

このようにウィキペディアによると、神戸に引っ越したのは中学校で、大学までこの町で過ごしていたようです。

藤原紀香さんにとってまさに神戸は、青春を過ごした思い出の土地・愛着のある故郷であると考えられます。

また、藤原紀香さんの公式インスタグラムでは次のように述べています。

中高大と青春の10年間を過ごした思い出の街・神戸の長を演じられたこのご縁に感謝です。

新しいものを果敢に取り入れ、ハイカラで素敵な街を作ってこられた神戸の先人たち

神戸市長のお役をいただいた自身としましては、大阪人のパワフルさや、京都の文化にリスペクトの念を持ちつつも、〝やはり神戸が一番やし〟という強気でやんちゃな、役づくりを楽しみながらつとめました。

引用元:藤原紀香さん公式ブログ
  • 思い出の町、神戸の長の役を演じる機会に恵まれたこと
  • ハイカラの町を作ってきた神戸の先人たちへのリスペクトの念を持っていること
  • 「大阪、京都よりもやはり神戸が一番だ」という役づくりを楽しむことが出来そう

「翔んで埼玉」の出演の話が来た時に引き受けた理由は、ブログの内容を踏まえるとこのような理由からでしょう。

まさに藤原さんにうってつけの役だと思います。

郷土愛へ向き合う映画の内容である

この映画のテーマが郷土愛へ向き合う内容であることも藤原紀香さんが出演した理由だと思います。

同ブログ内では以下のように語っています。

ここは、エンタテイメントの世界に身を置く者のひとりとして〝壮大、かつ大真面目に郷土愛へ向き合う志の高い映画〟を作ろうとしている前作からの製作陣、クセ強のキャスト陣に感銘を受け、威風堂々たるこの茶番劇に、忠実かつ真摯に乗っかってみよう(笑)と決意

引用元:藤原紀香さん公式ブログ

ここのコメントに書いてある通り、

  • 郷土愛へ向き合う志の高い映画を作ろうしていること
  • 前作からの制作陣やクセの強いキャスト陣に感銘を受けたこと

から引き受けてみようと決意されたようですね。

映画の仕事を引き受けるからには、

  • 映画が共感の持てる内容であること
  • 感銘をうけるような方々と一緒に映画を製作すること

が重要なのかと思いますので、まさに上記の理由が「翔んで埼玉」の神戸市長役・引き受けた理由であると思います。

今回は、実際の夫婦である片岡愛之助さんと、映画でも夫婦役ということで話題にも上がっていますね。

関西のラスボスとも呼べる冷酷無慈悲な大阪府知事の役を演じる片岡愛之助さんとの関係性にも注目です。

見どころの一つかと思いますので、映画を見るのが楽しみになってきます!

「翔んで埼玉」の上映予定について

以下の日程にて全国で放映するようです。

上映予定

『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』

公開日:2023年 11月23日(木・祝) 、全国公開

配給:東映

スポンサーリンク

まとめ

本記事では、藤原紀香さんに焦点をあて、神戸市長役に出演する理由について整理してまとめてみました。

本日(2023年8月29日)からおよそ3か月後に全国で公開されますので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

エンタメ・その他人物に関する他の記事も併せて読まれています。

以下のリンクから確認できます、ぜひご覧ください!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次