【Edgeで無料のGPT4を使用】BingChatの使い方

ブラウザアイコンイメージ
※当サイトはプロモーションが含まれています

Microsoft Edge(以下、Edgeと記載)で使えるBingChatはご存じでしょうか?

実は、BingChatは有料のGPT4を搭載しており、Edgeで無料で使うことができます

ほとんど使われていなかったEdgeはこの付加価値がついて今後は使われるようになるかもしれません。

こころ

月額20ドルのGPT4をEdgeだと無料で使えるっていいね。

この記事では、EdgeのBingChatで質問する方法、記事を作成する方法を解説します

スポンサーリンク
目次

EdgeでBingChatを開き、GPT4を無料で使用する

質問をする場合の操作方法

画面右上の「b」のマークをクリックします。

BingChatを開く

するとBingChatが開き、質問をすることができます。

「猫を飼う上での注意点を5つ教えてください」

と質問をすると、以下のように回答してくれます。

BingChatでの質問に対する回答

回答はコピー、エクスポートすることもできます。

チャットの回答にマウスを当てると、右上の方に「下向き矢印のエクスポート」ボタンが表示されます。

形式は「Word」「PDF」「Text」を選択できます。

記事やメールの作成を依頼する場合の操作方法

続いて、記事やメールの作成を依頼します。

BingChatを開き、タブの「作成」を選択します。

すると、「トーン」、「形式」、「長さ」といった項目が出てきて、記事やメールをどのように作成するのかを指定できます。

BingCahtの作成タブの内容
ぎんた

もし、カジュアルな感じでメールを作成して欲しい場合には、「トーン」でカジュアル、「形式」でメールを選択しよう。

今回は例として、「執筆分野」の箇所に「ブログの始め方を教えて」と記載すると、以下のように指定された方法で記事を作成してくれます。

形式にブログの投稿を指定しています。

BingChatでの記事作成
ぎんた

ChatGPTだと、記事の作成依頼、質問といった指示を自分で考えてプロンプトに入力するので、少しスキルが必要になってくるよ。

こころ

BingChatは初心者にも使いやすい設計になっていていいよね。

ぎんた

何をさせたいのか、どのように記事を作成するかなどを選択できるからね。

スポンサーリンク

まとめ

無料で使えるGPT3.5ではなく、有料で提供されているGPT4を使えるなんてすごいですね。

標準ブラウザにEdgeを使う人が増えてくるかもしれません。

または、普段使いはChromeでGPT4のような付加価値をEdgeで利用するなど、使い分けするのもいいかと思います。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次